日々是好日

株式会社ARTLOGUE CEO/編集長 鈴木大輔のブログです。

終戦記念日と鎮魂と『ゆきゆきて、神軍』

f:id:DSD:20170816235939j:plain

8月15日の終戦記念日に大阪護國神社の「献灯みたままつり」に行ってみた。

右傾化しているという噂の日本。ネトウヨなど台頭しているように感じるので、靖國神社のようにアレな方々が沢山いらっしゃるのかと思いきや、そんな方々は一人もいないどころか、驚くほど人が少ない。
昼に行われた「英霊感謝祭」にはもっと人が集まったようだが、夜の「献灯みたままつり」は的屋もたった3軒のみで祭り感がまるでなく境内はかなり寂しい。

境内にはなかなかファンキーなデザインの陸海空軍ごとの慰霊碑の他、部隊ごとや、軍馬、軍犬、軍鳩の慰霊碑もある。慰霊碑の多くには「つわもの」「英霊」と言った類いの勇ましい言葉が乱舞する。

f:id:DSD:20170817000204j:plainf:id:DSD:20170817000726j:plainf:id:DSD:20170817000721j:plainf:id:DSD:20170817000731j:plainf:id:DSD:20170817000752j:plainf:id:DSD:20170817001327j:plain


18時30分から盆踊りが始まると書いてあったので、境内で手持ち無沙汰に待っていると、ひとりのお婆ちゃんが「もうすぐ、本殿で巫女さんが綺麗な舞を踊ってくれるからどうですか」と声をかけてくれた。
聞けば、当時高校生くらいだったいとこを戦地で亡くした遺族だという。
本殿の向かって右側は盆踊りを踊る婦人会の方々がぎっしりいるものの、対する左手遺族席には我々夫婦を合わせてもたったの4人(最後の方で2人増えた)しかいない。
昔はこの祭りにも人が沢山来ていたらしいが、遺族の高齢化とともに訪れる人も減少しているとのことだ。

f:id:DSD:20170817001509j:plain

「英霊」という戦死者を美化した言い方は個人的には好きではないが、馬、犬、鳩なども同様に感謝し鎮魂しようとする心はいいと思う。

ネットやTVから伝わる靖國神社の喧騒とは打って変わって、こちらの儀式や盆踊りは静かで鎮魂に相応しい雰囲気だ。一体、ネット上でけたたましく騒いでいる人たちは何処へ行ったのか。”英霊”に感謝、鎮魂もせずに保守といえるのだろうか。

f:id:DSD:20170817001612j:plain


帰宅後、もう少し戦争のことを知りたいと思い、前々から気になっていた『ゆきゆきて、神軍』を観た。


ゆきゆきて、神軍』はアクティビストの奥崎謙三がかつて所属していた独立工兵隊第36連隊のウェワク残留隊で、上官による部下の射殺事件があったことを知り、処刑に関与した元軍人たちを問い詰めるという内容のドキュメンタリー映画だ。
田中角栄を殺す」と書かれた街宣車に乗り、暴力を使ってでも関係者に証言させるなど、奥崎の奇行が目につくが、それが霞むほどにこの映画は第二次世界大戦中の異常さを際立たせる。

「食人のための部下の射殺」「黒豚(現地人)、白豚(白人)」など、当事者から事実を聞き出していることは価値がある。
ゆきゆきて、神軍』の公開が1987年なので、30年前になる。おそらくこの映画に登場している方々のほとんどがこの世にいないのだろう。戦争がどれほど狂っているかを伝えるためにも、一刻も早くより多くの証言をとっておくべきだ。

奥崎の奇行・言動、証言の内容など、色んな意味でこの映画『ゆきゆきて、神軍』は観る価値があると思うのでオススメだ。

さらっと内容を知りたい人は、こちらのレビューをどうぞ。
http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Movie/OKU_1.html


また、この時期にもあまり話が出てこないが、第二次世界大戦中には日本国中がイケイケ状態だったことを考えると終戦間近は別としても、戦時中に相当利益を得ていた人たちもいるのではないのだろうか。(戦争に疑問を持っていた人もいただろうが)
軍需産業はもちろんのこと、新聞やメディアも戦争を煽れば売れただろうし。そういった利益を得た、謂わば戦争の共犯関係にあった人たちの証言も取り、過度に利益を追求すると戦争を助長することにまでなるということの検証も必要ではないだろうか。

個人的には悲惨さだけを伝えるのではなく、多角的な検証によってこそ戦争を抑止する方法が見つかるのではないかと思う。

日本は72年間も戦争のない平和な日々を過ごしてきたが、北朝鮮のミサイル開発や、中国の海洋進出など、こちらが望まなくても軍靴は近づいて来る。

終戦記念日に戦争のない世界を願う。

デジタルアーカイブ学会設立総会 @ 東京大学

f:id:DSD:20170415212541j:plain

本日はデジタルアーカイブ学会設立総会 @ 東京大学
会長には長尾真先生(京都府公立大学法人理事長、元京都大学総長)

学会ではアカデミックな検知から政策形成や基盤づくりなどを担う。

一方で、対をなすデジタルアーカイブ推進コンソーアムの会長はARTLOGUEの顧問でもある青柳正規先生(山梨県立美術館館長、元文化庁長官)。

こちらは、企業との連携や利活用の促進などを担う。


日本のデジタルアーカイブの行く末を担う方々との交流は得るものも多い。皆さん一様にこれ以上、デジタルアーカイブで海外に遅れを取れないとやる気は満々。

特に今日はIIIF(International Image Interoperability Framework)の存在を知ったことが大きい。

利活用の観点からもこれが普及すれば著作権保有者などとのコミュニケーションロスが大幅に無くなり、もっとクリエイティブに文化資産の活用が進むかもしれない。


恥ずかしながら、アート業界では未だに画像貸出の際に、「右クリック禁止」(全く意味のない)の処置なる90年代を彷彿とさせる条項が入っていたりするから、なおコミュニケーションロスが大きい。
無論、こういった学会やコンソーシアムでアート業界の人は皆無。MLA連携やGLAMといった潮流からは完全にはみ出している。

何度でも言うが、モナリザを画像で数百回見ようが、それでモナリザの価値や集客力が毀損されることはなく、むしろ価値は上がり、実物を見たいと思う人は増える。
ギャラリートークを配信するCRATORS TVでアンケートをとっても約90%の人がCRATORS TVを見た後に美術館に行きたくなったと答えている。

この2つの組織が出来たことで、世界に遅れを取っている日本のデジタルアーカイブ事情(特にアート)も少しは改善されることを願う。

f:id:DSD:20170415212735j:plain  

雑感「週刊ダイヤモンド 美術とお金全解剖」

f:id:DSD:20170330000014j:plain

週刊ダイヤモンド 美術とお金全解剖
読了したので雑感を少々。


方方からツッコミは入るでしょうが、ビジネス系週刊誌がよくここまでまとめたなと思います。


ビジネス週刊誌ということもありお金の話しが多いのと、アートコレクターのエグゼクティブが多数出てきます。コレクターには勢いのある会社の経営者が多い。
石川康晴(ストライプインターナショナル)、松本大マネックスグループ)、遠山正道(スマイルズ)、前澤友作(スタートトゥデイ)、福武總一郎(ベネッセホールディンクス)、竹中平蔵慶應義塾大学


アートへのスタンスの違うアーティスト達へインタビューしているので、その対比がアーティスト達の目的目標の多様性を読者には感じてもらえるのではないでしょうか。
向吉悠睦(仏師)、猪子寿之(チームラボ)、近藤亜樹(画家)、小木曽誠(画家)、山口晃(画家)


一般の人には聞き馴染みのある日展院展など画壇がなぜアート業界からはディスられているかも分かると思います。ただ、画壇が互助会として機能していることがアーティストのセーフティーネットになっていることもあります。
 

ランニングのことを全く考えずに、おらが県にもと美術館を乱立させて疲弊する地方の美術館。結局、建てる時のお金は美術業界にではなく、ゼネコンや建業界へと行くだけなんですよね。平成5年以降、1/3程度にまで減少している文化関係経費のほとんどが文化施設建設費というのもいびつ。
美術館業界が税金に頼り切ってビジネスモデルも考えてマネジメント出来る人材がいないというのもいびつ。
PFI(Private Finance Initiative)など最近よく聞くけど、もう少しましになるのだろうか。


トータルとして、アート業界のことをざっくりと理解するにはいいと思います。


あとは、有識者達のツッコミを楽しみにしています。



dw.diamond.ne.jp

bitechoが美術手帖として再スタート

アートサイトのbitechoが美術手帖として再スタートするとのこと。

bitechoは雑誌『美術手帖』と同じく、完全にアートワールド向けの内容だったのに、マーケティングのためにか、カジュアルなアートサイトを装っていたので、ターゲットとコンテンツのミスマッチが大きかったと予想される。

例えれば、頑固な職人がウェイ系な好きな子目当てに、無理してお洒落パーティーピーポーを装っていたが、職人気質からノリきれずに好きな子には相手にされなかったようなもの。

今のところbitechoと美術手帖にはほぼ同じ記事が載っているのに、サイトの説明が全く違うことからも、アートワールド向けに原点回帰したと伺える。

ぜひ、職人としてさらしを締め直して頑張って欲しい。



bijutsutecho.com


bitecho.me

ID、パスワードの管理問題。

f:id:DSD:20170119204211j:plain

ID、パスワードの管理問題。

これまでは、ある法則で全てのサービスのパスワードを違うものにしていたけど、サービスごとでID、パスワードに使える文字数、文字種が異なるので、結局イレギュラーな対応をせざるをえなかった。
 
で、このイレギュラーに限って使用頻度が低く、ログイン時、毎回のようにID、パスワードが分からなくてイライラさせられる。
 
で、パスワード管理があまりにもめんどくさいので、True Keyを導入してみた。
True Key は、各サービス毎のアカウントIDとパスワードを記憶し、ログイン時に自動で入力、ログインしてくれるintelのアプリ。

True Key | 面倒なパスワード管理は不要です
https://www.truekey.com/ja


PCやスマホなど複数のデバイスもひとつのアカウントで管理出来るので、今のところ便利。しかし、懸念もある。
  
1,True Keyのマスターパスワードが取られたら全てOUT?
2,UFJクラウドダイレクトなど一部サービスには未対応っぽい。
 
Excelで管理もやってたけど、めんどくさいし、セキュリティが低い。
やはり今のところTrue Keyが最適解なのか。
 

しかし、何度でも言うが、サイバー犯罪はインターネットにつながっている全人類のセキュリティ対策コストを考えると社会的に極めて影響が大きい。
サイバー犯罪者には、テロリストと同じクラスの対応でいいと思う。
それが例え国家主導であったとしても。



ARTLOGUE : アートローグは、アートで社会に対話と潤いを与えるソーシャルアートメディアです。 http://www.artlogue.org/

新年あけましておめでとうございます 

f:id:DSD:20170103151141j:plain

新年あけましておめでとうございます
本年もARTLOGUEともども、どうぞよろしくお願い申し上げます


元旦から映画「この世界の片隅に」を観賞しました。「この世界の片隅に」の舞台は第二次世界大戦前から終戦まで。よくある戦時中の映画とは一線を画し、涙を誘うでも、悲惨さを強調するでもなく、戦時中の市民のリアルな生活と感情が綴られています。食材も僅かしかない時にも、創意工夫をして生活をより良くしようとする姿は、クリエイティブでもあり、むしろとても豊かな生活にも見えます。現代の日本はとても恵まれており、喜びや楽しみを日常の外へ外へと求めがちですが、生活の中に小さな幸せを見出していくことも、とても大切なことだと教えられました。ただ、あらためて、戦争の悲惨さと、わずか70年前の日本ではこんな状況だったのかと思い知らされます。
この映画のおかげで、やさしい気持ちで2017年を迎えられました。


年末年始は休みなく、2月からgaccoにて開講予定のARTLOGUEの会長でもある中川眞(大阪市立大学大学院文学研究科 教授)のオンライン無料講座「アートの力とマネジメント」のコンテンツ制作です。「門前の小僧習わぬ経を読む」というか、画面前の小僧ですが、16本ものビデオコンテンツを作っているおかげで、社会包摂型アートのマネジメントについては随分詳しくなりました。これだけリピートして受講する人もいないと思います。
こういったソーシャルデザイン的な知識もARTLOGUEの血肉となっていくと思います。


2日は梅田界隈のセールに参戦するも、年々減少する物欲と、コンペティター達の熱気に押され、何も買わずに撤退してきました。 「この世界の片隅に」を見た影響か、あの熱気には異常さすらも感じます。




さて、昨年も嬉しいことが色々ありました。

ARTLOGUE の新しいサイトをリリースしました。大口を叩くようですが、5年後の目標は1億PVです。今年は展覧会情報ページの開設、ARTS WALL(壁紙アプリ)リリース、ショップオープンなどを予定しています。また、企業とのコラボレーションなども予定しているので乞うご期待ください。
ARTLOGUEはアート ドミナント メディア としてこれまでにないアートメディアを目指し発展させていきたいと考えています。


2016年版、NIIZAWA、NIIZAWA KIZASHIのリリースも出来ました。アーティストもNIIZAWAは世界的な活躍をしている森村泰昌さん、NIIZAWA KIZASHIは今年ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表に選ばれた岩崎貴宏さんという素晴らしい方々とコラボレーションが出来ました。


総務省近畿総合通信局の「ミライノピッチ2016」(ビジネスコンテスト)でグローバルイノベーションに値すると認められOIH賞も頂きました。ARTLOGUEをアートベンチャーと称している上でとてもうれしい評価です。


○ 年末には西宮市のシティプロモーションのクリエイティブディレクターを仰せつかるなど、身に余る思いです。「鈴木は何やっているかよく分からない」と言われますが、デザインや映像などクリエイティブだけでなく、アートメディア、ソーシャルデザイン、ビジネスモデルやデザインシンキングと、アカデミックからビジネスまで、これまでやってきたことが結実し総合得点で認めて頂いた結果なのかなと思っています。



2017年の抱負。
というほどのことでもないですが、今年、ARTLOGUE 関連では色々おもしろいことを発表出来ると思いますので、乞うご期待ください。

しかし、まだまだベンチャーのシード期特有の苦しい時期でもあります。 持ち出し状況がつづく中、ここを乗り越えるためにも、また、ARTLOGUEの事業のひとつの柱にもなると思うので、デザインや映像制作、WEB、アプリ制作など受託制作にも、もっと力を入れていきたいと思っています。 

デザインやブランディング、WEB開発、映像制作・配信など必要な方はお気軽にご用命ください。 デザインシンキングを用いたコンサルティングもさせて頂けます。

事例:
京都大学 ENTREPRENEUR PLATFORM
中本鐵工所
NIIZAWA SAKE STORE
ARTLOGUE


とは言え、やはり願うは、
世界平和、無病息災。 
これに尽きます。

世界は、ISなどテロリストの蛮行や戦争、難民問題、ヨーロッパの極右政党の台頭、EUの崩壊危機、トランプ政権など世界的に不安な情勢が広がっています。周辺でも、中国、ロシア、北朝鮮と不安要素だらけです。



来年も月並みですが、成長や無病息災を変わらず願える新年であることを祈ります。


それでは、皆様にとっても、僕にとっても良い一年にしましょう。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。


ARTLOGUE 鈴木大輔

僭越ながら、この度、西宮市のシティプロモーションのディレクションを担うことになりました。

僭越ながら、この度、西宮市のシティプロモーションのディレクションを担うことになりました。

今日は、今村岳司市長と初のミーティング。2時間じっくりとディスカッションさせて頂きました。とても誠実で西宮愛に溢れた方でした。特に子どもに対しては思い入れが深く、ブランディングの一つのキーにはなると思います。

西宮は非常に恵まれた都市です。他の地方自治体からは羨ましがられると思いますが、このご時世に人口は増え続け、今年も新たに小学校を開校させています。

山や海といった自然も豊かですし、文化芸術、甲子園、ヨットハーバー、酒蔵、神社仏閣、近代建築など、数え切れないほど魅力的なリソースもあり、「住みたい街ランキング」でも4年連続関西トップです。

今後は市長を中心に、角川アスキーのみなさんと、市民の方々が、誇りに思えるような西宮らしい文教住宅都市を目指して100年後に残るようなブランディング、プロモーションをしていきたいと思います。

f:id:DSD:20161226191214j:plain


ARTLOGUE
アートローグは、アートで社会に対話と潤いを与えるソーシャルアートメディアです。
http://www.artlogue.org/